日比製錬物流株式会社

会社案内 日比製錬物流㈱の紹介

社長挨拶

当社は2012年8月にパンパシフィック・カッパー株式会社(JX金属株式会社と三井金属鉱業株式会社が出資設立した銅事業会社)の電気銅生産拠点の一つである岡山県玉野市において、荷役・構内物流業務を請け負ってきた三金日比港運、栄吉海運・構内部、日比自動車の3つの会社組織が統合、設立された新しい会社です。
現在は、2020年4月から新たに三井金属グループの一員として設立された日比製煉株式会社の付帯業務を担う役割として位置付けられ、再スタートいたしました。

三井金属グループの「創造と前進を旨とし、価値ある商品によって社会に貢献し、社業の永続的発展成長を期す」という経営理念のもと、当社ではコンプライアンス遵守、安全衛生及び環境保全の確保を大前提としながら、日比製煉所から受託した荷役・構内物流業務を効率的にかつ徹底した品質管理のもとで行い、日比事業所の競争力向上に貢献してまいります。

特に安全に関しては「安全最優先」の徹底を図ることで、安全で働きやすい職場環境を確保し、働きがいや生きがいの実感できる職場づくりを推進してまいりたいと考えており、そのためには、地域の皆様、社員とのコミュニケーションを広く行い、互いの共存共栄を実現していくことが何より大切なことであります。
設立間もない会社ではありますが、今後も地域社会の皆様と共存し安全で豊かな社会づくりと環境の保全に努め、持続可能な成長を目指してまいります。
皆様からのご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申しあげます。

代表取締役社長 東野 健二